Roman Script    Reciting key words            Previous Sūrah    Quraan Index    Home  

37) Sūrat Aş-Şāffāt

Printed format

37)

Toggle thick letters. Most people make the mistake of thickening thin letters in the words that have other (highlighted) thick letter Toggle to highlight thick letters
Wa Aş-Şāffāti Şaffāan [37.1] 整然と列をなす者たちにおいて。 ‌‍‍‍‍‍
Fālzzājirāti Zajan [37.2] 駆り立て追う者において。 ‍‌‍‌
Fālttāliyāti Dhikan [37.3] また訓戒(のグルアーン)を読・聞かせる者において,誓う。 ‍‍ ‌‌
'Inna 'Ilahakum Lawāĥidun [37.4] 本当にあなたがたの神は,唯一の主である。 ‌ ‌
Rabbu As-Samāwāti Wa Al-'Arđi Wa Mā Baynahumā Wa Rabbu Al-Mashāriqi [37.5] 天と地,そしてその間にある凡てのものの主,また日の出を司どる主である。 ‍‌‍‍‌‌‍ ‌‌ ‌ ‌‌‍
'Innā Zayyannā As-Samā'a Ad-Dunyā Bizīnatin Al-Kawākib [37.6] 本当にわれは,星々で下層の天を飾り, ‍‌ ‌‍‍‍‍‌ ‍‍‍‍‌‌ ‍‌‍‌ ‌
Wa Ĥifžāan Min Kulli Shayţāninridin [37.7] (アッラーの命令に)逆らう悪魔にたいする守りとした。 ‍‍‌ ‍‌‍‍
Lā Yassamma`ūna 'Ilá Al-Mala'i Al-'A`lá Wa Yuqdhafūna Min Kulli Jānibin [37.8] かれらは八方から撃たれ,最高の会議を盗・聞くことは出来ない。 ‌ ‍‍‍‍‍‍‍ ‌‌ ‌ ‌‍‍‍‍‍‍‍ ‍‌
Duĥūan ۖ Wa Lahum `Adhābun Wa Aşibun [37.9] 撃退されて,かれらは永久の懲罰を受ける。 ‌‌ۖ‍‍‌‌ ‌
'Illā Man Khaţifa Al-Khaţfata Fa'atba`ahu Shihābun Thāqibunā [37.10] 盗聴し得た者があっても,白熱の炎が追跡する。 ‌ ‍‌ ‍‍‍‍‍‍‍ ‍‍‍
Fāstaftihim 'Ahum 'Ashaddu Khalqāan 'Am Man Khalaqnā ۚ 'Innā Khalaqnāhum Min Ţīnin Lāzibin [37.11] かれら(マッカの多神教徒)に問え。「かれらとわれの創った者(天使)のどちらが強く創られているか。」われはもともと,粘りのある泥でかれらを創ったのである。 ‌ ‌‌ ‍‍‍‍‍‌ ‌ ‍‌ ‍‍‍‍‍‍ۚ‍‌ ‍‍‍‍‍ ‍‌ ‍‍‌ ‌
Bal `Ajibta Wa Yaskharūna [37.12] あなたは感嘆しているというのに,かれらは嘲笑する。 ‍‍‍ ‌‍‍‍‍‌
Wa 'Idhā Dhukkirū Lā Yadhkurūna [37.13] 警告されても,かれらは警告を受け入れない。 ‌‌‌‌ ‌‌‌ ‌ ‌
Wa 'Idhā Ra'aw 'Āyatan Yastaskhirūna [37.14] またかれらは,印を見ても嘲笑するばかり。 ‌‌‌‌ ‌‍‌‌‌‌ ‌ ‌ ‍‍‍‍‌
Wa Qālū 'In Hādhā 'Illā Siĥrun Mubīnun [37.15] そしてかれらは言う。「これは明らかに魔術にちがいありません。 ‍‍‌ ‌‌ ‌ ‌‌
'A'idhā Mitnā Wa Kunnā Tubāan Wa `Ižāmāan 'A'innā Lamabthūna [37.16] わたしたちが死んで土と骨になってから,(また)呼び起こされましようか。 ‌‌ ‌ ‌‍‍‍‍‌ ‍‌ ‌‍‍‍‍‌ ‌‍‍‍‍‌ ‍‍‍
'Awa'ābā'uunā Al-'Awwalūna [37.17] 遠い祖先たちも(一緒にですか)と言う。 ‌‌‍‍‍‌‌
Qul Na`am Wa 'Antumkhirūna [37.18] 言ってやるがいい。「その通り。あなたがたは卑しめられるのである。」 ‍ ‌‌‌‍ ‌‌‍‌
Fa'innamā Hiya Zajratun Wāĥidatun Fa'idhā Hum Yanžurūna [37.19] それは只一声の叫びである。その時かれらは(恐ろしい光景を)目の当たりに見て, ‍‌ ‌‍‍‌ ‌‌‌‌ ‌‌‌ ‍‌‍‍‍‍‍‌
Wa Qālū Yā Waylanā Hādhā Yawmu Ad-Dīni [37.20] 「ああ情けない,これが審判の日ですか。」と言う。 ‌ ‌‌ ‌‌ ‍
dhā Yawmu Al-Faşli Al-Ladhī Kuntum Bihi Tukadhdhibūna [37.21] 「これはあなたがたが信じなかった区分の日である。 ‌‌ ‍ ‍‍ ‍‌‍‍‍ ‍
Aĥshurū Al-Ladhīna Žalamū Wa 'Azwājahum Wa Mā Kānū Ya`budūna [37.22] 不義を行っていた者たち,その妻たち,またかれらがアッラーを差し置いて拝していたものたちを集めなさい。 ‍‍‍‌ ‌‌‌‌‌ ‌‌ ‌ ‌
Min Dūni Allāhi Fāhdūhum 'Ilá Şirāţi Al-Jaĥīmi [37.23] かれらを火獄への道に連れて行け。 ‍‌‍‍‌ ‍ ‌ ‌‌ ‍‌
Wa Qifūhum ۖ 'Innahum Mas'ūlūna [37.24] いや,かれらを待たせておけ。かれらに尋ねることがある。 ۖ‍ ‍‍‍
Mā Lakum Lā Tanāşarūna [37.25] あなたがたが助け合わないのはどうしたことか。」 ‌ ‌ ‍‌
Bal Humu Al-Yawma Mustaslimūna [37.26] いや,今日ばかりは,かれらも(審判に)服する。
Wa 'Aqbala Ba`đuhum `Alá Ba`đin Yatasā'alūna [37.27] かれらは栗いに近づき尋ね合う。 ‍‍‍ ‍‍‍‍ ‌ ‍‌ ‍‍‍
Qālū 'Innakum Kuntum Ta'tūnanā `Ani Al-Yamīni [37.28] 一方は言う。「本当にあなたがたは,右から来ました。」 ‍‍‌ ‌‍ ‍‌‍‍‍ ‌
Qālū Bal Lam Takūnū Mu'uminīna [37.29] すると他方は言う。「いや,あなたがたは,(もともと)信者ではありませんでした。
Wa Mā Kāna Lanā `Alaykum Min Sulţānin ۖ Bal Kuntum Qawmāan Ţāghīna [37.30] また,わたしたちはあなたがたに押し付ける権威もありませんでした。それにあなたがたは反逆の徒でした。 ‌ ‍‍‍ ‌ ‍‌‍‍ ۖ ‍‌‍‍‍‌
Faĥaqqa `Alaynā Qawlu Rabbinā ۖ 'Innā Ladhā'iqūna [37.31] それで主の御言葉が,わたしたちに実証された今,わたしたちは,(懲罰を)味わわねばならない。 ‌‍ۖ‍‌ ‍‍‌‍‍
Fa'aghwaynākum 'Innā Kunnā Ghāwīna [37.32] わたしたちはあなたがたを迷わせたが,わたしたち自身も迷っていたのです。」 ‍‍‍ ‌‍‌ ‍‍‍‍‌ ‍‌
Fa'innahum Yawma'idhin Al-`Adhābi Mushtarikūna [37.33] こうしてその日,かれらは,(凡て)共に懲罰を受ける。 ‍ ‌‍‍‌
'Innā Kadhālika Naf`alu Bil-Mujrimīna [37.34] 本当にわれはこのように罪を犯した者を処分する。 ‍‌ ‍‍‍
'Innahum Kānū 'Idhā Qīla Lahum Lā 'Ilāha 'Illā Al-Lahu Yastakbirūna [37.35] かれらは,「アッラーの外に神はありません。」と告げられると,いつも高慢になった。 ‍ ‍‌ ‌‌‌‌ ‍‍‍ ‌ ‌ ‌‌ ‍ ‌
Wa Yaqūlūna 'A'innā Latārikū 'Ālihatinā Lishā`irin Majnūnin [37.36] そして,「気狂い詩人のために,わたしたちの神々を捨ててなるものですか。」と言っていた。 ‍‍‍‍ ‌‍‍‍‍‌ ‌ ‌‌ ‍‌ ‍‍‍
Bal Jā'a Bil-Ĥaqqi Wa Şaddaqa Al-Mursalīna [37.37] いや,かれは真理を(お?)して,(かれ以前の)預言者たち(の啓典)を確証する者である。 ‍‍‌‌ ‍ ‌‍‍‍
'Innakum Ladhā'iqū Al-`Adhābi Al-'Alīmi [37.38] あなたがたは,必ず痛ましい懲罰を味わうであろう。 ‍‍‌‍‍‍‌ ‍‍‌
Wa Mā Tujzawna 'Illā Mā Kuntum Ta`malūna [37.39] どうせ皆あなたがたが行ったことの報いである。 ‌ ‍‍‍ ‌‌ ‌ ‍‌‍‍
'Illā `Ibāda Allāhi Al-Mukhlaşīna [37.40] だがアッラーの忠誠なしもべたちは,別である。 ‌ ‍‍‍‌‌ ‍‍‍‍‍‍
'Ūlā'ika Lahum Rizqun Ma`lūmun [37.41] それらの者には,定めの恩恵があり, ‍‍‌‍‍‍ ‌‍
Fawākihu ۖ Wa Hum Mukramūna [37.42] (喜ばしい)果実,そして栄誉が(授けられ), ‌‍ ۖ ‌ ‍
Fī Jannāti An-Na`īmi [37.43] 至福の楽園の中で, ‍‍‍‍ ‍‍
`Alá Sururin Mutaqābilīna [37.44] 寝床の上で向かい合う。 ‌ ‌‌ ‍‍‍
Yuţāfu `Alayhim Bika'sin Min Ma`īnin [37.45] 清い泉からくんだ杯は,かれらにゆきわたり, ‌ ‍‌
Bayđā'a Ladhdhatin Lilshshāribīna [37.46] 真白(な美酒は),飲む者に心地よい甘さ。 ‌‌
Lā Fīhā Ghawlun Wa Lā Hum `Anhā Yunzafūna [37.47] これは,頭痛を催さず,酔わせもしない。 ‌ ‌ ‌ ‌‌ ‍‌‍‍‍‌ ‍‌‍‍
Wa `Indahum Qāşirātu Aţ-Ţarfi `Īnun [37.48] またかれらの側には,伏し目がちな大きい目(の乙女)がいる。 ‍‌‍‍‍‌ ‍‍
Ka'annahunna Bayđun Maknūnun [37.49] かの女らは,注意深く守られている卵のよう。 ‍‍‍‍
Fa'aqbala Ba`đuhum `Alá Ba`đin Yatasā'alūna [37.50] やがてかれらは,栗いに近づき尋ね合う。 ‍‍‍ ‍‍‍‍ ‌ ‍‌ ‍‍‍
Qāla Qā'ilun Minhum 'Innī Kāna Lī Qarīnun [37.51] かれらの一人が,口を切って言う。「わたしに一人の親しい友がいました。 ‌ ‍‌‍‍‍ ‌‍ ‍‍‍
Yaqūlu 'A'innaka Lamina Al-Muşaddiqīna [37.52] かれは言っていた。『あなたまで(復活の日を)信じているのですか。 ‌‍‍‍‍‍‍‍‍‍
'A'idhā Mitnā Wa Kunnā Tubāan Wa `Ižāmāan 'A'innā Lamadīnūna [37.53] わたしたちが死んで土と骨になってから,本当に審判されるのでしょうか。』」 ‌‌ ‌ ‌‍‍‍‍‌ ‍‌ ‌‍‍‍‍‌ ‌‍‍‍‍‌
Qāla Hal 'Antum Muţţali`ūna [37.54] また言った。「まあ皆さん見下ろして・なさい。」 ‌‌‍ ‍‍‍
Fāţţala`a Fara'āhu Fī Sawā'i Al-Jaĥīmi [37.55] そこでかれが見下ろすと,火獄の只中にかれの姿が見えた。 ‍ ‍‍‍‌‌‌
Qāla Ta-Allāhi 'In Kidta Laturdīni [37.56] かれは言った。「アッラーにかけて,あなたはもう少しでわたしを破滅させるところでした。 ‌‌
Wa Lawlā Ni`matu Rabbī Lakuntu Mina Al-Muĥđarīna [37.57] もし主の御恵・がなかったならば,わたしは必ず引き立てられる者の中にいたでしょう。」 ‌ ‌‍ ‍‌‍‍‍‍
'Afamā Naĥnu Bimayyitīna [37.58] 「わたしたち(楽園の仲間)は,最初の死だけでまた,
'Illā Mawtatanā Al-'Ūlá Wa Mā Naĥnu Bimu`adhdhabīna [37.59] 死ぬことはないのですか。また,わたしたちが,懲罰を受けることはないのでしょうか。」 ‌ ‌ ‍‍‌‌ ‌‌
'Inna Hādhā Lahuwa Al-Fawzu Al-`Ažīmu [37.60] 「そうであるならこれは,至上の幸福の成就です。 ‌‌ ‌ ‌‌ ‍‍
Limithli Hādhā Falya`mali Al-`Āmilūna [37.61] このようなことのために,行動し努力すべきです。」 ‌‌
'Adhalika Khayrun Nuzulāan 'Am Shajaratu Az-Zaqqūmi [37.62] それは結構な歓待ではないか。それともザックームの木(をとるの)か。 ‍‍‌ ‌ ‌ ‍ ‍‍‍‍
'Innā Ja`alnāhā Fitnatan Lilžžālimīna [37.63] われはこの木を不義を行う者への試・として,用意したのである。 ‍‌ ‌ ‌ ‍‍‍
'Innahā Shajaratun Takhruju Fī 'Aşli Al-Jaĥīmi [37.64] それは地獄の底に生える木で, ‍‌ ‍‌ ‍‍‍‍ ‍ ‌‍
Ţal`uhā Ka'annahu Ru'ūsu Ash-Shayāţīni [37.65] その実は,悪魔の頭のようである。 ‍‌ ‌‌‍‍‌
Fa'innahum La'ākilūna Minhā Famāli'ūna Minhā Al-Buţūna [37.66] かれらはこれを食べて,腹はそれでいっばい。 ‍ ‍‍‍ ‍‌‍‍‍‌ ‍‍‍ ‍‌‍‍‍‌ ‍‍
Thumma 'Inna Lahum `Alayhā Lashawbāan Min Ĥamīmin [37.67] それから上に沸騰する湯を注ぎ足され, ‌ ‍‌
Thumma 'Inna Marji`ahum La'ilá Al-Jaĥīmi [37.68] それから火獄に帰り着くのである。
'Innahum 'Alfaw 'Ābā'ahum Đāllīna [37.69] かれらは祖先の迷っていたのを認めながらも, ‍ ‌‌‌ ‌‍‍‍
Fahum `Aláthārihim Yuhra`ūna [37.70] その足跡を急いで(歩いて)いたのである。 ‌ ‌
Wa Laqad Đalla Qablahum 'Aktharu Al-'Awwalīna [37.71] 昔の多くの祖先たちも,確かに迷っていた。 ‍‍‍ ‌‌
Wa Laqad 'Arsalnā Fīhim Mundhirīna [37.72] だがわれはかれらに,必ず警告者を遺わした。 ‌ ‌‌‌ ‍‌‍‍
nžur Kayfa Kāna `Āqibatu Al-Mundharīna [37.73] 見るがいい。警告されても無視した者の最後が,どうであったかを。 ‍‍‍‌ ‍‍‍‍ ‍‍‍ ‍‌‍‍
'Illā `Ibāda Allāhi Al-Mukhlaşīna [37.74] (だが)アッラーの忠誠なしもべたちは,別である。 ‌ ‍‍‍‌‌ ‍‍‍‍‍‍
Wa Laqad Nādānā Nūĥun Falani`ma Al-Mujībūna [37.75] 且つてヌーフはわれに哀願した。われは最も優れた応答者である。 ‌ ‌‌‌ ‍‍‍
Wa Najjaynāhu Wa 'Ahlahu Mina Al-Karbi Al-`Ažīmi [37.76] われは,かれとその家族を大難から救った。 ‍‍ ‌‌‍ ‍‍
Wa Ja`alnā Dhurrīyatahu Humu Al-Bāqīna [37.77] そしてかれの子孫を生き残らせた。 ‌ ‌‌‍
Wa Taraknā `Alayhi Fī Al-'Ākhirīna [37.78] また後の幾世代に渡り,かれのために(祝福の言葉を)留めた。 ‌ ‍‍‍‍‍
Salāmun `Alá Nūĥin Al-`Ālamīna [37.79] 「万物(人間,天使,ジン)の中で特にヌーフの上に平安あれ。」と(われからの有難い御言葉を)。 ‌ ‍‍‍
'Innā Kadhālika Naj Al-Muĥsinīna [37.80] われはこのように,正しい行いの者に報いる。 ‍‌ ‍‍‍
'Innahu Min `Ibādinā Al-Mu'uminīna [37.81] 本当にかれは,信心深いわがしもべであった。 ‍‌ ‌‌
Thumma 'Aghraq Al-'Ākharīna [37.82] それからわれはその外の者を,溺れさせた。 ‌‍‍‍‍‍‍‌ ‍‍
Wa 'Inna Min Shī`atihi La'ibhīma [37.83] またかれの後継者の中にはイブラーヒームがいた。 ‍‌ ‍‍
'Idh Jā'a Rabbahu Biqalbin Salīmin [37.84] かれが純正な心をもってかれの主の許にやって来た折に, ‌‌ ‍‍‍‌‌ ‌‍‍‍‍‌
'Idh Qāla Li'abīhi Wa Qawmihidhā Ta`budūna [37.85] 自分の父やその一族に向かって言った。「あなたがたの崇拝するものは何ですか。 ‌‌ ‍‍‍‍ ‌‍‍‍ ‌‌‌ ‌
'A'ifkāan 'Ālihatan Dūna Allāhi Turīdūna [37.86] アッラーを差し置いて瞞しの神々を御望・なのですか。 ‌ ‌‌ ‌ ‌‍‍‌ ‍ ‍
Famā Žannukum Birabbi Al-`Ālamīna [37.87] いったい,万有の主に就いて,あなたがたはどのように考えておいでなのですか。」 ‍‍‍ ‍
Fanažara Nažratan An-Nujūmi [37.88] その時かれは諸星を一目見て, ‌ ‍‍‍ ‍‍
Faqāla 'Innī Saqīmun [37.89] 言った。「わたしは,本当に(心が)痛む。」 ‍ ‍‍‍
Fatawallaw `Anhu Mudbirīna [37.90] 人々はかれに背を向けて去った。 ‌‌ ‍‌‍‍‍ ‍
Fagha 'Ilá 'Ālihatihim Faqāla 'Alā Ta'kulūna [37.91] その時かれ(イブラーヒーム)は,かれらの神々に向かって言った。「あなたがたは食べないのですか。 ‍‌ ‌‍‌ ‌ ‍‍‍ ‌‌
Mā Lakum Lā Tanţiqūna [37.92] あなたがたは,どうしてものを言わないのですか。」 ‌ ‌ ‍‌‍‍‍‍‍‍
Fagha `Alayhim Đarbāan Bil-Yamīni [37.93] そこでかれは,かれら(偶像)を右手で打った。 ‍‌ ‌ ‍
Fa'aqbalū 'Ilayhi Yaziffūna [37.94] その時人びとは,慌ててかれの処へやって来た。 ‍‍‍‍‌ ‌‍‍‍
Qāla 'Ata`budūna Mā Tanĥitūna [37.95] するとかれは言った。「あなたがたは,(自分で)刻んだものを崇拝するのですか。 ‍‍‌ ‌ ‍‌‍‍
Wa Allāhu Khalaqakum Wa Mā Ta`malūna [37.96] 本当にアッラーは,あなたがたを創り,またあなたがたが,造るものをも(創られる)。」 ‍‍‍‍‍ ‌‌
Qālū Abnū Lahu Bunyānāan Fa'alqūhu Fī Al-Jaĥīmi [37.97] 人びとは言った。「かれ(イブラーヒーム)のために炉を築き,燃え盛る火の中に投げ込・なさい。」 ‌ ‍ ‍‌‍‍‍‌‌ ‍‍‍
Fa'adū Bihi Kaydāan Faja`alnāhumu Al-'Asfalīna [37.98] このようにかれに策謀を巡らせようとしたが,われはかれらを散々な目に会わせた。 ‌‍‌‌‌‌ ‍ ‌‌
Wa Qāla 'Innī Dhāhibun 'Ilá Rabbī Sayahdīni [37.99] かれは言った。「わたしは主の御許に行こう。必ずわたしを導かれるであろう。 ‍ ‌‌‌‌ ‌‌ ‌‍
Rabbi Hab Lī Mina Aş-Şāliĥīna [37.100] 主よ,正しい人物になるような(息子)を,わたしに御授け下さい。」 ‍‍
Fabashsharnāhu Bighulāmin Ĥalīmin [37.101] それでわれは,優しい思いやりのある男児を(授けるという)昔報を伝えた。 ‍‍‍‍
Falammā Balagha Ma`ahu As-Sa`ya Qāla Yā Bunayya 'Innī 'Ará Fī Al-Manāmi 'Annī 'Adhbaĥuka Fānžur Mādhā Tará ۚ Qāla Yā 'Abati Af`al Mā Tu'umaru ۖ Satajidunī 'In Shā'a Allāhu Mina Aş-Şābirīna [37.102] (この子が)かれと共に働く年頃になった時,かれは言った。「息子よ,わたしはあなたを犠牲に捧げる夢を見ました。さあ,あなたはどう考えるのですか。」かれは(答えて)言った。「父よ,あなたが命じられたようにして下さい。もしアッラーが御望・ならば,わたしが耐え忍ぶことが御分りでしょう。」 ‍‍‍‌ ‍ ‌‌‍‌‌ ‍‍ ‌‌ ‌‍‍‍‌ ‌‌‌ ‍‌‌ ۚ‌ ‌ ‌ ‌ ‍ ۖ ‌‌‍‍‌‌ ‍‍‍‍
Falammā 'Aslamā Wa Tallahu Liljabīni [37.103] そこでかれら両人は(命令に)服して,かれ(子供)が額を(地に付け)うつ伏せになった時, ‍‍‌ ‌‌ ‌‍
Wa Nādaynāhu 'An Yā 'Ibhīmu [37.104] われは告げた。「イブラーヒームよ。 ‌‍‍‍ ‌‌‌ ‌‍‍
Qad Şaddaqta Ar-Ru'uyā ۚ 'Innā Kadhālika Naj Al-Muĥsinīna [37.105] あなたは確かにあの夢を実践した。本当にわれは,このように正しい行いをする者に報いる。 ‍‍‍‌‍ۚ‍‌ ‍‍‍
'Inna Hādhā Lahuwa Al-Balā'u Al-Mubīnu [37.106] これは明らかに試・であった。」 ‌‌ ‌ ‌‌
Wa Fadaynāhu Bidhibĥin `Ažīmin [37.107] われは大きな犠牲でかれを贖い, ‍‍ ‍ ‍‍‍
Wa Taraknā `Alayhi Fī Al-'Ākhirīna [37.108] 末永くかれのために(この祝福を)留めた。 ‌ ‍‍‍‍‍
Salāmun `Alá 'Ibhīma [37.109] 「イブラーヒームに平安あれ。」(と言って)。 ‌ ‌‍‍
Kadhālika Naj Al-Muĥsinīna [37.110] このようにわれは,正しい行いをする者に報いる。 ‍‍
'Innahu Min `Ibādinā Al-Mu'uminīna [37.111] 本当にかれは,わが信心深いしもべであった。 ‍‌ ‌‌
Wa Bashsharnāhu Bi'isĥāqa Nabīyāan Mina Aş-Şāliĥīna [37.112] またわれは正しい人物,預言者イスハークの(誕生の)吉報をかれに伝えた。 ‍‍‍‍ ‍‍
Wa Bāraknā `Alayhi Wa `Alá 'Isĥāqa ۚ Wa Min Dhurrīyatihimā Muĥsinun Wa Žālimun Linafsihi Mubīnun [37.113] そしてわれは,かれとイスハークを祝福した。だがかれらの子孫の中には正しい行いをする者もあり,また明らかに自らを損なう者もあった。 ‌‍‌ ‍‍‍‍ ‌‍‌ ‌‍‍‍ ۚ ‌‍‌ ‌‌‌ ‌ ‌‍ ‌ ‍
Wa Laqad Manannā `Alá Mūsá Wa Hārūna [37.114] われは,ムーサーとハールーンに恩恵を施した。 ‌ ‍‍‍‍‌ ‌ ‌ ‌‌‌
Wa Najjaynāhumā Wa Qawmahumā Mina Al-Karbi Al-`Ažīmi [37.115] またかれら両人,そしてその民を大きな災難から救い出し, ‌ ‌‍‍‌ ‍‍
Wa Naşarnāhum Fakānū Humu Al-Ghālibīna [37.116] われが助けたためにかれらは(その困難を)克服することが出来た。 ‍‍
Wa 'Ātaynāhumā Al-Kitāba Al-Mustabīna [37.117] なおわれは,両人に(事理を)明瞭にさせる啓典を授け, ‌‌ ‍‍
Wa Hadaynāhumā Aş-Şirāţa Al-Mustaqīma [37.118] かれらを正しい道に導いた。 ‍‍‍‌ ‍‍
Wa Taraknā `Alayhimā Fī Al-'Ākhirīna [37.119] われは後の幾世代に渡り,かれらのために(この祝福を)留めた。 ‌ ‌ ‍‍
Salāmun `Alá Mūsá Wa Hārūna [37.120] 「ムーサーとハールーンに平安あれ。」(と言って)。 ‌ ‌ ‌‌‌
'Innā Kadhālika Naj Al-Muĥsinīna [37.121] このようにわれは,正しい行いをする者に報いる。 ‍‌ ‍‍‍
'Innahumā Min `Ibādinā Al-Mu'uminīna [37.122] 本当にかれら両人は信心深いわがしもべであった。 ‍‌ ‍‌ ‌‌
Wa 'Inna 'Ilyāsa Lamina Al-Mursalīna [37.123] 本当にイルヤースも,使徒であった。 ‌‍‍‍
'Idh Qāla Liqawmihi~ 'Alā Tattaqūna [37.124] かれがその民にこう言った時を思え。「あなたがたは主を畏れないのですか。 ‌‌ ‍‍~‍ ‌‌ ‍‍‍
'Atad`ūna Ba`lāan Wa Tadharūna 'Aĥsana Al-Khāliqīna [37.125] あなたがたはバアルに祈って,最高の創造主(アッラー)を見捨てるのですか。 ‍‍ ‌ ‌‌‍‍‌‍‍‍‍‍‍
Al-Laha Rabbakum Wa Rabba 'Ābā'ikumu Al-'Awwalīna [37.126] アッラーこそあなたがたの主,昔の父祖たちの主ではないのですか。」 ‌‍ ‌‌‍ ‌‍‍‍
Fakadhdhabūhu Fa'innahum Lamuĥđarūna [37.127] だがかれらはかれ(イルヤース)を嘘付きであるとした。だから必ず(処罰に)臨むであろう。 ‍‍ ‍ ‍‍‍‍‌
'Illā `Ibāda Allāhi Al-Mukhlaşīna [37.128] (かれらの中)敬虔な,アッラーのしもべは別である。 ‌ ‍‍‍‌‌ ‍‍‍‍‍‍
Wa Taraknā `Alayhi Fī Al-'Ākhirīna [37.129] われは後の幾世代に渡り,かれのために(この祝福を)留めた。 ‌ ‍‍‍‍‍
Salāmun `Alá 'Il Yā -Sīn [37.130] 「イルヤースに平安あれ。」(と言って)。 ‌ ‌ -
'Innā Kadhālika Naj Al-Muĥsinīna [37.131] このようにわれは,正しい行いをする者に報いる。 ‍‌ ‍‍‍
'Innahu Min `Ibādinā Al-Mu'uminīna [37.132] 本当にかれは信心深いわがしもべであった。 ‍‌ ‌‌
Wa 'Inna Lūţāan Lamina Al-Mursalīna [37.133] ルートも(われが)遣わした者であった。
'Idh Najjaynāhu Wa 'Ahlahu~ 'Ajma`īna [37.134] 見よ,われはかれとその家族の凡てを救った。 ‌‌ ‍‍‍ ‌‌~
'Illā `Ajūzāan Al-Ghābirīna [37.135] 後に残る者の中にいた,老婆の外は。 ‌ ‌‌‌‍‍‍‍
Thumma Dammarnā Al-'Ākharīna [37.136] そうしてわれは,外の者を滅ぼしてしまった。 ‍‌ ‍‍
Wa 'Innakum Latamurrūna `Alayhim Muşbiĥīna [37.137] あなたがたはかれらの(遺跡の)傍らを,昼 ‍‍‌‍‍
Wa Bil-Layli ۗ 'Afalā Ta`qilūna [37.138] 夜通っている。あなたがたはそれでも悟らないのか。 ‍‍ۗ ‌‌ ‍‍‍
Wa 'Inna Yūnis Lamina Al-Mursalīna [37.139] 本当にユーヌスも,使徒であった。
'Idh 'Abaqa 'Ilá Al-Fulki Al-Mashĥūni [37.140] かれが(荷を)満載した舟に(乗って)逃れた時, ‌‌ ‌‍ ‌‌
Fasāhama Fakāna Mina Al-Mudĥađīna [37.141] かれは籤を引いて,負けてしまった。 ‍‍ ‍‍
Fāltaqamahu Al-Ĥūtu Wa Huwa Mulīmun [37.142] (そして海に投げ込まれると)大魚に丸呑・にされ,かれは自責の念にかられた。 ‍‍‍‍ ‌‌
Falawlā 'Annahu Kāna Mina Al-Musabbiĥīna [37.143] かれが(梅悟して主を)讃えなかったならば, ‌ ‌‍‍
Lalabitha Fī Baţnihi~ 'Ilá Yawmi Yub`athūna [37.144] かれら(人びと)が(復活して)起こされる日まで,必ずかれは魚の腹の中に留まったであろう ‍‍‍ ‌‌ ‍‍‍
Fanabadhnāhu Bil-`Arā'i Wa Huwa Saqīmun [37.145] だがわれは,荒れ果てた(蟹辺)にかれを打ち上げた。かれは病んでいた。 ‍‍‍‍‌‌‌ ‌‌ ‍‍‍
Wa 'Anbatnā `Alayhi Shajaratan Min Yaqţīnin [37.146] われはかれの上に,1本のヒサゴ木を繁らせ(影を作った)。 ‌‌‍‌ ‍‍‍‍ ‍ ‌ ‍‌‍‍‍‍‍‍
Wa 'Arsalnāhu 'Ilá Miā'ati 'Alfin 'Aw Yazīdūna [37.147] そして10万人,またはそれ以上(の民)にかれを遣わした。 ‌‌‍‍‍ ‌‌ ‌ ‌‌‌ ‌
Fa'āmanū Famatta`nāhum 'Ilá Ĥīnin [37.148] かれらが信仰に入ったので,われはしばし現世の享楽を許した。 ‌ ‌‌
Fāstaftihim 'Alirabbika Al-Banātu Wa Lahumu Al-Banūna [37.149] さてかれらに問え。「あなたがたの主は娘を持ち,かれら(マッカの多神教徒)は息子を持つというのか。 ‌‍ ‍‍
'Am Khalaq Al-Malā'ikata 'Ināthāan Wa Hum Shāhidūna [37.150] それともかれらは,われが天使たちを女に創ったと証言するのか。」 ‍‍‍‍‍‌ ‌ ‌ ‌
'Alā 'Innahum Min 'Ifkihim Layaqūlūna [37.151] 見よ,かれらの言うことは作りごとである。 ‌ ‌‍ ‍‌ ‌ ‍‍‍
Walada Allāhu Wa 'Innahum Lakādhibūna [37.152] アッラーが子を生まれるとは,かれらも嘘付きの徒である。 ‍ ‌‌‍ ‌
'Āşţafá Al-Banāti `Alá Al-Banīna [37.153] かれは息子よりも,娘を選ばれるとするのか。 ‍‍‍‍‍‌ ‍‍
Mā Lakum Kayfa Taĥkumūna [37.154] どうしたのか。あなたがたはどう判断するのか。 ‌ ‍‍‍
'Afalā Tadhakkarūn [37.155] あなたがたはなお訓戒を受け入れないのか。 ‌ ‌
'Am Lakum Sulţānun Mubīnun [37.156] それともあなたがたに明瞭な権能があるのか。 ‍‍
Fa'tū Bikitābikum 'In Kuntum Şādiqīna [37.157] あなたがたのいうことが真実ならば,あなたがたの啓典を出して・なさい。 ‌ ‌‌ ‍‌‍‍‍‌
Wa Ja`alū Baynahu Wa Bayna Al-Jinnati Nasabāan ۚ Wa Laqad `Alimati Al-Jinnatu 'Innahum Lamuĥđarūna [37.158] かれらは,かれとジンは親類であるといっている。だがジンは自分たちが(懲罰に)臨むことをよく知っている。 ‌ ‍ ‌‍‍‍‍‍ۚ ‌‍‍‍‍‍‍ ‌‍ ‍‍‍‍‌
Subĥāna Allāhi `Ammā Yaşifūna [37.159] アッラーに讃えあれ。(かれは)かれらが配するものから(超絶なされる)。 ‍‍‍‍‍‍ ‍ ‍‍‍‍‌ ‍‍‍
'Illā `Ibāda Allāhi Al-Mukhlaşīna [37.160] だが謙虚に奉仕するアッラーのしもべたちは,別である。 ‌ ‍‍‍‌‌ ‍‍‍‍‍‍
Fa'innakum Wa Mā Ta`budūna [37.161] だがあなたがたにしても,あなたがたが崇拝するものでも, ‍ ‌‌ ‌
Mā 'Antum `Alayhi Bifātinīna [37.162] かれに反抗して(信者たちを)誘惑することが出来ようか。 ‌ ‌‌‍ ‍‍‍
'Illā Man Huwa Şālī Al-Jaĥīmi [37.163] 燃え盛る火で,焼かれる者は別にして。 ‌ ‍‌
Wa Mā Minnā 'Illā Lahu Maqāmun Ma`lūmun [37.164] (整列している者たちが言う。)「わたしたちは各々定めの部署を持っています。 ‌ ‍‍‍‌ ‌‌ ‍‍‍
Wa 'Innā Lanaĥnu Aş-Şāffūna [37.165] わたしたちは(奉仕のため)整列して, ‍‌ ‍‍
Wa 'Innā Lanaĥnu Al-Musabbiĥūna [37.166] 慎んで(アッラーを)讃え唱念します。」 ‍‌
Wa 'In Kānū Layaqūlūna [37.167] また,かれらはいつも言っていた。 ‌‌ ‌ ‍‍‍
Law 'Anna `Indanā Dhikan Mina Al-'Awwalīna [37.168] 「もしわたしたちが,昔から訓戒を持っていたなら, ‌ ‌ ‍‌‍‍‍‌ ‌‌
Lakunnā `Ibāda Allāhi Al-Mukhlaşīna [37.169] わたしたちも,確かにアッラーの謙虚なしもべであったでしょう。」 ‍‍‍‌ ‍‍‍‌‌ ‍‍‍‍‍‍
Fakafarū Bihi ۖ Fasawfa Ya`lamūna [37.170] ところが(実際にクルアーンが与えられれば)それを拒否する。だが間もなくかれらは知るであろう。 ‌ ‍ ۖ
Wa Laqad Sabaqat Kalimatunā Li`ibādinā Al-Mursalīn [37.171] 確かにわれの言葉は,わが遣わしたしもべたちに既に下されている。 ‌ ‍‍‍‍ ‌ ‌‌
'Innahum Lahumu Al-Manşūrūna [37.172] かれらは,必ず助けられよう。 ‍‌‍‍‍‍‍‌‌
Wa 'Inna Jundanā Lahumu Al-Ghālibūna [37.173] 本当にわれの軍勢は,必ず勝利を得るのである。 ‍‌‍‍‍‌ ‍‍
Fatawalla `Anhum Ĥattá Ĥīnin [37.174] あなた(ムハンマド)はかれらから暫くの間遠ざかって, ‍‌‍‍‍ ‌
Wa 'Abşirhum Fasawfa Yubşirūna [37.175] かれらを監視しなさい。やがて,かれらは目覚めるであろう。 ‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‌
'Afabi`adhābinā Yasta`jilūna [37.176] だがかれらは,わが懲罰を急ぎ求めている。 ‌‌
Fa'idhā Nazala Bisāĥatihim Fasā'a Şabāĥu Al-Mundharīna [37.177] だがそれが実際にかれらに下ると,それまで警告を受けているだけに寝覚めの悪い朝となろう。 ‌‌‌ ‍‍‍‌‌ ‍‍‍‍ ‍‌‍‍
Wa Tawalla `Anhum Ĥattá Ĥīnin [37.178] それであなたはかれらから暫くの間遠ざかって, ‍‌‍‍‍ ‌
Wa 'Abşir Fasawfa Yubşirūna [37.179] かれらを監視しなさい。やがて,かれらも目覚めるであろう。 ‍‍‍‍‌ ‍‍‍‍‍‍‍‍‌
Subĥāna Rabbika Rabbi Al-`Izzati `Ammā Yaşifūna [37.180] あなたの主,威徳の主,かれらが配するものから(超絶なされる)主に讃えあれ。 ‍‍‍‍‍‍ ‌‍ ‌‍ ‍‍‍‌ ‍‍‍
Wa Salāmun `Alá Al-Mursalīna [37.181] 使徒たちに平安あれ。
Wa Al-Ĥamdu Lillāh Rabbi Al-`Ālamīna [37.182] 万有の主,アッラーに讃えあれ。 ‌‌ ‌‍
Toggle thick letters. Most people make the mistake of thickening thin letters in the words that have other (highlighted) thick letter Toggle to highlight thick letters
Next Sūrah